Analyst report

『農業の生産性について』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

持続性理論・飢餓発生予測SDGsの基本原理である地球の「持続可能性」は、1972年のローマクラブの「成長の限界」であり、経済成長が続くと、人口増加やエネルギーなどの天然資源の大量消費で、やがては賦存量の限界に達するということであり、食糧問題については人口増加が

Analyst report

『自動車のスマホ化について(イーロン・マスク氏の発言から思うこと)』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

イーロン・マスク氏の発言民間の宇宙企業に資金援助を行う非営利団体XPRIZEが、設立者のピーター・H. ディアマンディス氏をホストに、イーロン・マスク氏と対談を行いました。その対談で、イーロンの口から自分の火星移民計画について、「・・火星に行ったら最初はたくさ

HR

【コロナ禍のいま、転職はしない方がいいのか?】EPIC Partners 株式会社 代表取締役CEO 中村 啓

転職希望者の方からキャリアのご相談を日々お受けする中で、最も多い質問が「コロナ禍の中で転職はしても大丈夫なのでしょうか?それとも落ち着くまで転職を待った方がいいのでしょうか?」というものです。ニュースを見るとコロナ禍の煽りを受けて閉店する会社の報道がたくさん流れており

Analyst report

『地球外知的生命体探査と専門家細分化』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

生命体探査の意図的な誤解誘導H.G.ウェルズの火星人来襲以前から地球外生命体に対する好奇心は多くの人が持っていました。天文学者は火星の運河を火星人存在の証拠として、詳細な映像で運河ではないとされるまで火星人の存在は可能性で有り続けました。そのようなことがあって、地球外

Analyst report

『知的生命体への進化の必然性』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

人間は知的生命体最近、人類を知的生命体と定義する場合が多くなりました。それは、宇宙探査の目的に宇宙人の存在確認が言われるようになり、宇宙人と言った場合には、火星や木星の衛星エウロパで唯一存在する生命が微生物出会った場合それを火星人、エウロパ人とした場合、採取解析が侵略

Analyst report

『電気自動車の拡大に対して必要だと思うこと』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

電気自動車に参入障壁がなくなったという誤解電気自動車について言われることですが、自動車の参入障壁の最大はエンジンではありません。エンジンであるならば、2輪ディーゼルを開発したメーカーが簡単に参入できるはずです。私は、飛行機の開発で期間中延々と構造共振を潰し続けるの

Analyst report

『ヘリコプターの原理』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

火星でヘリコプター(1)火星でヘリコプターを飛ばす計画NASAの小型ヘリコプター「インジェニュイティ」が最終試験を実施中だ(これを書いている間に成功したというニュースがありました。)。インジェニュイティは探査車パーサヴィアランスの下面から切り離され、バッテリーと太陽電

KNOWKEDGE

プライベートエクイティ(PE)業界について

PEファンドとは?PEファンドとはベンチャーキャピタル、バイアウトファンドを初めとする投資ファンドのことを言う。投資家から資金を募り、主に未上場企業(もしくは事業)への投資を行い、企業の成長または再生を支援し、企業価値を向上させた上で投資資金を回収する。PEフ

KNOWKEDGE

コンサルティングファームの概要

コンサルタントの職位について●パートナー/プリンシパル(ヴァイスプレジデント/ディレクター)・共同経営者として経営的な意思決定に関与・プロジェクト運営に関する最終的責任者・知財開発、人材の採用・教育・評価等、内部管理における主導的役割・顧客開拓、オフィスマ