Analyst report

『イスラエル「8200部隊」』EPIC Partners マネージング・ディレクター 和久秀

イスラエル『8200部隊』近年、シリコンバレーを凌ぐ勢いでスタートアップを輩出しているイスラエル。政治的な緊張を抱え、限られた資源しかもたない同国では、軍出身の起業家が多い。軍で身に付けられるスキルとは…。ベールに包まれた機関について書いてみたい。1990年代前半

Analyst report 未分類

『宇宙事業の利益性』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

宇宙事業の区分後発の産業であり、急速に技術主導で発展してきた宇宙技術は、ロケット発射の能力がなくては成り立たないために、ロケットというキャリアを基盤とする系統が明確であり、紡績という基盤の上にしか成り立たない繊維業界などと同様に、大規模な川上の下に多様な川下が広がっています。

Analyst report

『マテリアルズインフォマティクスの動向と今後の展望』EPIC Partners マネージング・ディレクター 和久秀

はじめに近年、ビジネスのあらゆるシーンにおいてデジタルトランスフォーメーションの波が押し寄せている。これは、ビッグデータや情報技術を活用して、業務の効率化や、付加価値の高い製品・サービス、ビジネスモデルの創出に繋げていくものであるが、熟練技術者の経験やノウハウ、すり合わせが重

Analyst report

『量子コンピュータを考えてみました』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

量子コンピュータの本格化最近、量子コンピューターの話題がよく出ます。そもそも日本では、4月から8月までの5ヶ月間には新しい事業や技術の話題がよく出てくるようになっています。それは、来年度予算の編成手順において、4月が省内の1次元案の立ち上げ時期であり、省内の議論と選別を経て、

Analyst report

『農業DXとモビリティ』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

農業とDXとモビリティDXの有効機能を一言で言えば生産性の向上であり、その機能をどのように利用するかが経営者に求められています。実は原料と製品比率から言えば、農業こそ極めて高生産性産業なのです。米などは種1粒が約半年の育成で1600粒の収穫が得られます。どのような産業でも特殊

Analyst report

『福祉車両』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

福祉車両の可能性社会の高齢化に向かって必要性が高まると考えられるものとして、福祉車両の充実があります。福祉車両と言われるものは保健衛生関連の特殊車両と障害者移動に関わる一般車両の機能支援車両があります。この中でも特殊車両は、X線検診車や献血車など、各機能を持った機関がその役割

Analyst report

『ローカル路線バスの自動運転化』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

ローカル路線バスの自動運転化の必要性ローカルの移動手段は苦境に至っています。公共交通の主役だった鉄道はマイカー所有率の向上によりバス輸送に転換し、そのバス路線も利用者の減少で採算が取れません。地方の人員輸送環境は、しばらくは100%を越える世帯自動車所有率で構成されていて、そ

Analyst report

『カーボンニュートラル』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

カーボンニュートラルとは・脱炭素とカーボンニュートラル温暖化に対抗する社会構築に脱炭素社会という言葉がありますが、これは炭素及び炭化水素を社会や産業に全く使用しないことです。対してカーボンニュートラルは、企業や社会、国家の各単位に関わらず、各領域でCO2の排出量と吸収量の

Analyst report

『超小型モビリティ型式制度とトヨタC+podの持つ意味』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

超小型モビリティとは超小型モビリティの新たな定義が示されました。超小型モビリティとは、自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動手段となる1人から2人乗り程度の電動車両ということになり、過去の企画から変更され電動車両であることが明記さ