Analyst report

『EV充電システムの今後』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

EVは充電しなければいけません。それもある程度の時間が必要で、ガソリン車の給油のように数分で終了というようなわけには行きません。電気は家庭でも職場でもどこにでもあり、手軽なエネルギーのように感じますが、ガソリンでも給油所が必要です。EV充電での問題点・自宅

Analyst report

『電動車椅子の進むべき方向』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

電動車椅子の分類一般的に車椅子というと医療用の椅子の左右脇にグリップ用の輪をつけた大きな車輪を付けて、背もたれの後ろに押すための取っ手がついたものをだけを指しますが、これが電動車いすになると多少の分類が出てきます。(1)障害者用の車椅子の車輪に電動モーターを付

Analyst report

『電動キックスケーターの公道走行について』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

電動キックスケーターの公道走行がラストワンマイル用のモビリティとして注目されています。電動キックスケーターは30年ほど前にホームセンターなどで販売されて使われましたが、警察により原付扱いで各種保安機器、登録等の必要な車両となり、一気に消滅しました。規制改革の概要・

Analyst report

『耳垢から発想する再生成長の多様性』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

私は耳かきが好きな方で、耳穴を掻いて異物を感じると取り出して実物を見たくなります。近年の耳鼻科医は耳かきをやめさせるようにしていますが、なかなかやめられません。この何故に医師は止めさせたがっているのかから、生物の再生について考察してみました。耳かきの無意味性・耳垢と耳

Analyst report

『農業の生産性について』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

持続性理論・飢餓発生予測SDGsの基本原理である地球の「持続可能性」は、1972年のローマクラブの「成長の限界」であり、経済成長が続くと、人口増加やエネルギーなどの天然資源の大量消費で、やがては賦存量の限界に達するということであり、食糧問題については人口増加が続くと土