Analyst report

『電動車椅子の進むべき方向』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

電動車椅子の分類一般的に車椅子というと医療用の椅子の左右脇にグリップ用の輪をつけた大きな車輪を付けて、背もたれの後ろに押すための取っ手がついたものをだけを指しますが、これが電動車いすになると多少の分類が出てきます。(1)障害者用の車椅子の車輪に電動モーターを付

Analyst report

『電動キックスケーターの公道走行について』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

電動キックスケーターの公道走行がラストワンマイル用のモビリティとして注目されています。電動キックスケーターは30年ほど前にホームセンターなどで販売されて使われましたが、警察により原付扱いで各種保安機器、登録等の必要な車両となり、一気に消滅しました。規制改革の概要・

Analyst report

『耳垢から発想する再生成長の多様性』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

私は耳かきが好きな方で、耳穴を掻いて異物を感じると取り出して実物を見たくなります。近年の耳鼻科医は耳かきをやめさせるようにしていますが、なかなかやめられません。この何故に医師は止めさせたがっているのかから、生物の再生について考察してみました。耳かきの無意味性・耳垢と耳

Analyst report

『農業の生産性について』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

持続性理論・飢餓発生予測SDGsの基本原理である地球の「持続可能性」は、1972年のローマクラブの「成長の限界」であり、経済成長が続くと、人口増加やエネルギーなどの天然資源の大量消費で、やがては賦存量の限界に達するということであり、食糧問題については人口増加が続くと土

Analyst report

『自動車のスマホ化について(イーロン・マスク氏の発言から思うこと)』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

イーロン・マスク氏の発言民間の宇宙企業に資金援助を行う非営利団体XPRIZEが、設立者のピーター・H. ディアマンディス氏をホストに、イーロン・マスク氏と対談を行いました。その対談で、イーロンの口から自分の火星移民計画について、「・・火星に行ったら最初はたくさ

Analyst report

『地球外知的生命体探査と専門家細分化』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

生命体探査の意図的な誤解誘導H.G.ウェルズの火星人来襲以前から地球外生命体に対する好奇心は多くの人が持っていました。天文学者は火星の運河を火星人存在の証拠として、詳細な映像で運河ではないとされるまで火星人の存在は可能性で有り続けました。そのようなことがあって、地球外

Analyst report

『知的生命体への進化の必然性』青山先端技術研究所・エグゼクティブフェロー 中嶋隆一

人間は知的生命体最近、人類を知的生命体と定義する場合が多くなりました。それは、宇宙探査の目的に宇宙人の存在確認が言われるようになり、宇宙人と言った場合には、火星や木星の衛星エウロパで唯一存在する生命が微生物出会った場合それを火星人、エウロパ人とした場合、採取解析が侵略